logo

EDPについて

コンピュータクラブとは?
EDPって何?

EDPはコンピュータクラブの通称です。プログラミングができるようになりたい、パソコンに強くなりたい人にオススメの部活です!

NEWS

主な活動

部会 :部員同士の集会
月例会 :月一度行われる会議
新入生講義 :新入部員を対象としたパソコン講習会
新大祭 :年一度行われる学園祭で作品を展示
各種コンパ :部員同士の親睦を深めるイベント

コーディング画面

活動場所

定期的に部会を開催しています。
開催概要は以下の通りです。
曜日 :毎週 月・金(祝休日を除く)
時間 :18:00~20:00
場所 :図書館3階グループ学習室、学生会館
部室番号 :ホワイトボードを参照
注意事項 :飲食禁止

コーディング画面

構成部員

正式名:新潟大学コンピュータクラブ
設立年:1975年(1992年学友会公認・部に昇格)
部員数:10~20人
顧問:今井 博英 先生 (評価センター 准教授)
部長:竹内 瑠星 (理学部 生物学科)
副部長:佐藤 太一 (工学部 情報工学科)

コーディング画面

"EDP"とは

EDP は 「新潟大学コンピュータクラブ」 の通称です。EDPという単語自体は、 Electronic Data Processing(電子データ処理システム)の略称です。

新潟大学コンピュータクラブが学友会公認の部(大学直属の学生団体)に昇格する以前、当時のメンバーがEDP研究会と名乗っていたことに由来するという説が有力です。

一部ではEchigo Dangerous People(越後危険人物)の略で大した意味はないという説も言い伝えられており、現役部員にはどちらが本当なのか知っている人間はいません。

コーディング画面

Twitter